低反射アクリル板
 クリアビューアート株式会社  
製品情報 低反射アクリル板
リアルック
低反射
アクリルフレーム
反射防止フィルム
Clear View Gallery
低反射ギャラリー
紹介
面材(ガラス)の取換え
低反射アクリル板
ご注文
お問合せ
会社概要
絵画教室も!
絵画教室 いろイロばたけ
子どもの教室
絵画教室 ビリジアン
大人の教室

【更新履歴】

■ 反射を抑えてくっきりアート ■
− AR 低反射アクリル窓の額縁 −

気にいった絵なのに、照明とか周りの景色が額縁のガラスに映ってしまい、絵が良く見えない、といった悩みはありませんか? 

           
低反射アクリル板に換えてみましょう。
           
絵がくっきりと見えて見違えるようです。

この製品はアクリル板の表裏両面に反射防止膜が貼ってありますので、外からの光の反射防止だけでなく、絵そのものの光もくっきりと、透過してきますので、絵が見違えるようにきれいに見えます。素晴らしいです。
多くの美術館で採用されています。

アクリルですが、表裏両面に反射を抑えるフィルムを貼って、両面からの光の反射を抑えた優れものなんです。
アクリルといってもハードコートもしてあり、傷がつき難く、作品を劣化させる紫外線の透過も抑えています。しかもゴミも着き難いんです。
 ** 低反射(AR):[Anti Reflection]

でも、反射が少ないといってもどのくらい少ないか表現が難しいので外からの光が入っているところで同じ条件で比較してみました。
絵の正面向い側がちょうどガラス窓で外の景色が映りこんでしまっています。

ガラスの額縁 低反射アクリル板 リアルック の額縁
ガラス 低反射アクリル板
[ 絵をクリックすると拡大して見えます ]

 ガラスの方は、外の景色が映って絵は殆ど見えませんが、「低反射アクリル板」の方は、絵がくっきりとよく鑑賞できます。
 写真ではなかなかその良さを表現できませんが、本当は美術館のように条件の良いところで見る方がもっと素晴らしいかもしれません。アクリル板が無いかのように手に取るように見えます。

”低反射アクリル板” をご希望のサイズにカットしてお届けします。

低反射には、本製品のようなARタイプと、ノングレア(無反射)と言われるタイプの2種類があります。
ノングレアタイプは主に液晶TVに使われていますが、美術用途には絵がぼけてしまい、お勧めできません。
 *ノングレアタイプとの比較



 特徴

1) ARタイプで、くっきりきれいに見える
2) 厚み3mmで堅牢、反り・曲がりが無くきれいに見える
3) 低反射特性が平坦で、作品に色味を感じない
4) 多くの美術館で使われています
5) ハードコート付きで傷を防止
6) 帯電防止でゴミがつき難い


(絵画のほか、写真、デザイン、ポスターなども、もちろんくっきりと、きれいに見えます。)


※ 業者の方もご相談ください。高価な在庫を持たなくて済みます。

製品の主な特性 取り換えは簡単です



詳しく聞いてみる ネットで注文する FAXで注文する
お気軽にお電話下さい。 担当:田中
TEL:047-364-1947

クリアビューアート株式会社
〒271-0065 千葉県松戸市南花島3-37-2 ブレーン1ビル 3階
TEL:047-364-1947
FAX:047-315-1575
Email:hiro-tanaka@clearviewart.com